0

美味しく食べて痩せたいですね

基本的にトマトについてアレルギーをお持ちの方はすくないのではないでしょうか。
ダイエットにトマトと言う食品は良く合うのです。
トマトも特別栽培のブランドトマトから普通の市場で売っているモノまで色々です。
私はトマトと言えばトマトのオムレツ、イタリア風ラタトーユ等を思い出します。
トマトのオムレツであれば卵がたんぱく質となりますが肉を使わないので大丈夫です。
我が家ではラタトーユを作りますが豚肉と玉葱があれば簡単に作れます。
この場合豚肉を使いますがトマトもたくさん使って作れば甘酸っぱく出来上がります。
このようにダイエット食品としてトマトを使うと良いと思います。
トマトでも味が一定している訳ではなく甘いものとちょっと水っぽいものがあります。
これは実際食べ比べをしていると判りますが味が違う事があります。
少し味が薄いといっても野菜ですから味付け次第で美味しく出来るのです。
それでメインのおかずになるのであり難いです。
私としては食事のダイエットが一番効果的ではないかと思っています。
おかずだけで食事を取り続けるとこれはあまり良くありません。
ご飯も食べなくては駄目ですし自分がお腹がすけばたこ焼きを1人前とることもあります。
しかしKcalの計算をして行くには結構大事でして馬鹿には出来ません。
身体の代謝率を考えて食べ物のカロリー計算が出来れば一番良いと思います。
それでカロリー本やレシピを買ってだいたいの計算をしたほうが良いのです。
そしてそれでちゃんとカロリー計算を運動と取り入れて行くことです。
例えば病院に入院すると病院食が出ますが、病院食はずっと食べて行くと痩せるものです。
実際に入院して1ヶ月ほどしてから退院して来て会うとスッキリしているのです。
痩せている、と思いました。
そう言う経験上一番科学的に痩せる事ができるのは病院の入院だと思います。
小遣いで買ってきたおやつも管理されているらしくそうすると仕方なく痩せるようです。
私も入院しようかなとも思いますがもともと太った体質の人はどうなのでしょう。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-GREEN_E20140125-thumb-1000xauto-16630

0

やせると噂の簡単スープでダイエット+デトックス効果!

以前から気になっていたスープダイエットを試してみました。

材料は、冷蔵庫にある野菜ならなんでもOK。食物繊維など気を使うのであれば、
レタスやセロリなどが良いでしょう。
たっぷりの水の中に、野菜をたっぷりいれます。
そこへコンソメ(顆粒でもサイコロ型でもOK)を適量入れ、コトコトと煮込むだけ。
これだけでダイエットスープの完成です。
味に飽きてきたら、トマトホールを入れたり韓国風にキムチを入れたりすると美味しさが増します。なるべく調味料は入れずに、素材の味で食べるようにしたほうが良いです。
塩分をとりすぎると、今度はむくみに結びついてしまいますからね。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK86_syabondamapu-20130512-thumb-1000xauto-16902

何日か経つと、体が軽くなってくることに気がつきます。ただし、ここで注意なのが栄養不足。
栄養バランスが崩れてしまうと体調も悪くなりお肌もカサカサになってきてしまうので、5日目くらいからはお肉やお魚なども加えていきましょう。
3日ほど続けるだけでも、だんだんとお腹周りがすっきりしてくるのがわかると思います。
さらに、このスープダイエットで嬉しいのはいくらでも食べて良いということ。
ダイエットといえば食事制限が当たり前のようですが、このダイエットでは「スープ」という制限はあるものの、スープであればいくらいでも食べて良いのです。

初めの頃はお腹が空いて、スープ鍋丸ごと食べつくしてしまうこともありましたが、だんだんと食欲も落ち着いてきます。
私はトマト味が好きですが、それでも飽きてしまったらチーズを入れてもまた美味しくいただけます。
食べるのを制限するのはつらい…という方に、デトックスと合わせておすすめしたいダイエットのご紹介でした。

0

ダイエットの近道は生活リズムと食事

もともと痩せ型の体型ですが、一人暮らしをしていた頃に食生活が乱れ一気に太ってしまった時期がありました。
仕事が忙しく、朝食や昼食をとれない日があったり、自宅に帰るのはいつも遅く、深夜から飲みに行くことも。
気付いた時には元の体重から5キロ程増えてしまっていました。
仕事を辞めたのを機にダイエットを決意して、まずは生活のリズムを整えることからはじめました。
一日三食をなるべく決まった時間に摂ること、早寝早起きをして間食やお酒を食べたい・飲みたいと思う時間帯を物理的に減らすこと、用事がなくても極力外へ出て歩くことだけを心がけました。
とはいえ、最初のうちは早く痩せたいという思いからダイエットサプリに手を出したり、痩せるエクササイズを取り入れたりと様々なことにも挑戦しました。
しかし、結局は続かないことの方が多く、唯一続けたのは趣味でもあるランニングのみ。
サプリも効いているのかいないのか分からないわりにお金がかかるので、すぐに辞めてしまいました。
色々なダイエット法や情報に惑わされたりもしましたが、最も原始的な「適切な食事と運動」という方法が一番効くということを身を以て学びました。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK81_heartwoageru20130208-thumb-autox1000-16659
あとは毎日体重と体脂肪率を計ること。
太っていた時期の私は自宅に体重計がなく、自分が太っていっていることに長い間気付きませんでした。
体重と体脂肪率をきちんと知ることで、モチベーションが上がったり自己管理できるようになっていきました。
結果的にダイエットを始めてから2ヶ月程で6キロの減量に成功。
急に太ってしまった体重なので、減りも早かったのかもしれません。
今も同じ体重をキープしています。
不規則な生活とお酒・間食で脂肪がついてしまっていましたが、体脂肪率も今では平均を大きく下回る数字にまでなりました。
ちょっと食べ過ぎた時などは早寝早起きと適度な運動、食事をグリーンスムージーにするなど心がけて調整しています。

グリーンスムージーのサイトを見たりして買うようにしています。
ミーハーな性格なので、今も酵素やスムージーなど流行りのダイエット法を時々取り入れたりしていますが、やっぱり自分にとって一番効果を実感できるのは生活リズムを整えるという原始的なやり方だと思っています。

0

スポーツジムでのダイエットが楽しかったです

以前、スポーツジムに通って、ダイエットをしたことがあります。
スポーツジムに通いだしたきっかけは、ダイエットをしたいということよりも、友達が誘ってくれたので、どんな所か興味があって通いだしたという感じです。
私のスポーツジムのイメージとしては、マシンを必死に動かして、筋肉を付けるというイメージでした。
しかし、実際にスポーツジムに通うと、いろいろな事ができ、楽しみながらダイエットをする事ができました。
スポーツジムでのダイエットとしておすすめなのが、
まずは、飲み物を水ではなく、脂肪を燃焼させやすい飲み物にするということです。
スポーツジムでは動いているとかなり汗をかきます。
なので、脂肪を燃焼させやすい飲み物を持って行くと、普段よりもものすごく汗をかいて、体の中の不純物が綺麗に出て行くという感覚になります。
スポーツジムでの運動の方法は、いくつかあるので、人それぞれ合った方法があると思うのですが、私が長続きしたダイエット方法は、
「スタジオへの参加」です。
スポーツジムでは、ランニングマシンなどで、地道にこつこつと運動する方法と、
スポーツジムの中にある、スタジオの中でヨガや、ボクササイズなどの運動のプログラムが行われているので、それに参加するという方法があります。
私は、このスタジオでの参加でストレス発散とダイエットという一石二鳥の運動で、自然と体が引き締まって行き、しかも筋肉が付いたがっしりした体ではなく、脂肪が取れたすっきりした体型になることができました。
楽しみながら続けられるので、おすすめです。

0

私のダイエットは太らないように現状維持する事です。

私のダイエットは太らないように何をするか?
それをまとめて毎日実行しています。
おかげで体重は標準体重を維持しています。
私が毎日していることは歩く事です。
万歩計をつけて歩いています。
だいたい一日に約20,000歩くらいは歩いています。
エレベーターは使わずできるだけ階段を使うようにしています。
もし20,000歩足りない時は追加で家の周りを散歩したりして
必ず20,000歩歩くようにしています。
それから私は朝起きたら必ず布団の上で軽い運動をしています。
腹筋を約30回程度 寝たまま足だけ上げて20数える
寝たまま足を上げ右に左に交互に向けるを各足10回程度
これが結構効きますが起きる前に必ずやっています。
食事は3食必ず摂ります。間食はほとんどしません。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK86_haigirine20130208-thumb-1000xauto-16585
但し私はカロリー計算とかはできないので
家内が作ってくれた食事を食べるだけです。
それといってこだわりはありません。
「美味しいです」と言って食べれば家内も喜ぶし夫婦円満 家庭円満です。
それから私がやっているダイエットは飲み物はほとんどコーヒーしか
のみませんそれも糖分なしのブラックで飲んでいます。
その他は飲料水だけです。特にコーラは飲みません
かなりカロリーが高いと言うので飲んでもカロリー0の商品だけを飲んでいます。
ジュース等はほとんど飲みません。
私は現在60代ですが学生時代から体重身長は変わっていません。
しかし結婚して子供ができてから子供と同じ物を食べるようになってから
少しお腹が出てきて40歳の頃は体重も約10kg位太りました。
中年太り 幸せ太り そんな感じでしたが健康診断でお医者さんに気を付ける様に言われ
それから今の様に歩いたり運動をしたり間食をやめたり飲み物に気を付ける様に
なりました。
お陰様で効果が少しづつ出てきて50代では学生時代と同じ体重になりました。
それからはこの体重を維持するようにできるだけ毎日歩いたり運動をしたり
間食をしないで飲み物も糖分控えめの飲み物を選んでのんでいます。
これが私のダイエット方法です。

0

ダイエットに関して

私が以前に行ったダイエット方法になります。いろんなことを同時に行いましたので、何が一番効果があったかは解りませんが、記述したいと思います。
実際90キロぐらいあったのが、70キロぐらいまで落とすのに成功したので、それなりに効果はあったのかと思います。
まず一つ目に行ったのが、食事の時間を変更したことです。特に夕飯です。いつも夕飯を8時~9時ぐらいに食べていたのですが、毎日7時までに食べるようにして、それ以降はなるべく食べないようにしました。そして11時ぐらいには寝るようにして、早起きをする。そうすることで空腹を回避できるのでなるべく早い時間に寝るのをこころがけました。朝食べる分には全く問題ないと思います。実際朝からがっつり食べてました。
次にそれと同時に行っていたのが、食事後のウォーキングです。息子がいたので、夕食後一緒に近所を歩いていました。実際歩いていた時間はおおよそ15分~30分ぐらいだったと思います。脂肪が燃焼されるのにこれぐらいの時間がちょうど良いと聞いて歩いてました。逆に30分以上歩いてもあまり効果がないとも聞きましたので、それ以上は歩いてないです。
あと、食事中に気を付けていたのが、おかずを食べる順番です。一番最初に野菜をたべて、次におかず、最後に味噌汁とごはんという順番で食事中は気を使っていましたが、実際気を付けていたのはほとんど夕飯ぐらいでした。ただ、知人で、糖尿の人がいて、この食事の食べ方を実践していたら血糖値が下がったという人がいたぐらいなので、この食べ方はかなり効果が期待できるのではないかと思われます。
自分はこの三つの方法で、期間は役半年ぐらいは続けていたと思います。特に一番上の食事の時間に関しては一番気を付けていました。早ければ6時ぐらいに夕飯を食べて、そこからは飲み物以外は口にしないようにしました。夜は帰ったら寝るだけなんで、余分なカロリーを摂取しないようにと思い一番きをつけました。

0

ダイエットにはお鍋が最適

ダイエット向きの食事方法は色々ありますが、その中でもお勧めなのがお鍋、主に湯豆腐です。

お勧めの理由としては主に3点、まず一つ目はアツアツなので食事時間が長くなることです。
ダイエットの大敵となるのが早食いです。
食事量を制限をしてしまうと、食べる時間も短くなってしまい、食事を終えても満腹感を得られないなんてことが良くあります。
お鍋の場合、アツアツなのでどうしても食べるのに時間がかかってしまい、その結果食事中に満腹中枢が働き、食った気がする、満腹感が得られるわけです。
そしてお鍋の良いところは作るのと後片付けがとても楽なのもいいところです。

次の理由としては調味料です。
湯豆腐だと昆布を入れてお湯を沸かすだけです。そこに具材を入れて煮込んでから食べるわけですが、大体はポン酢とかじゃないでしょうか?
例えば普通の調味料の場合、食材にたっぷり載せないと味がしないことが多く、調味料で結構なカロリーをとってしまいます。
エビフライにマヨネーズをつけた時のことを想像してくれるとわかりやすいんじゃないでしょうか?
その点ポン酢だとその心配はありません。大体100mlで50~60kcal程度です。こういわれてもピンとこない人もいると思いますが、大体お鍋一回分だと50mlも小皿に入れれば十分、つまり30kcal以下です。
しかも小皿に注いだポン酢を全部飲みきれば30kclaになりますが、大体ポン酢って余りますよね?そういうのも計算すると20lcal程度、調味料で20kcalしか摂らないというのはとてもダイエット向きだと言えます。

そして食材を選べば超低カロリー、しかも脂肪燃焼効果のある食材を美味しくたべれる点になります。
工夫するのがまず肉類です。たんぱく質が欲しいのであれば鶏肉のササミや、魚の切り身といった低カロリーなものを選んだり、より低カロリーで済ませたい人には豆腐です。
次にキノコ類を沢山いれることです。
キノコにはキノコキトサンというキノコ独自の脂肪分解成分が入ってるので、ダイエットにはとても効果的です。
エノキダケはエノキタケリノール酸というエノキダケ独自の脂肪分解成分も入っており、ダイエット向け食材としては最強です。
食物繊維の塊でもあるので、便秘対策にも有効という優れもの、そして気になるカロリーはほぼノンカロリーと言っていいぐらいで、キノコに比べると野菜は高カロリーな食べ物と感じてしまうほどです。
お野菜を食べる場合は、基本的にサッと湯通しをしたら食べるぐらいが良いです。
というのも野菜は煮込む時間が長いと、栄養分はドンドン減っていきます。
例えばほうれん草というと栄養豊富で有名ですが、5分も煮込めば8割以上の栄養が失われてしまうほどです。理想はシャブシャブのようにサッと食べることです。

お鍋はこのようにダイエット効果がとても期待できるので、大変お勧めです。

0

ダイエットの近道なんて本当にあるのですか?

中年男性の私が半年で6キロ痩せたダイエットのコツをお教えします。そのコツとはズバリ、習慣化することです。ダイエット法は巷にいくらでもありますが、どの方法もある意味では効果があり、ある意味では効果がありません。もちろん優れたダイエット法というのは存在すると思いますが、めちゃくちゃ効果があるといったものがあればもう皆スリムになっているはずです。私はどんなダイエット法でも単純に続けることができるかどうかだと思っています。例えば、私はダイエットのために軽い運動を自分に課しましたが、実は何度も挫折を繰り返しておりました。今振り返ると、当時の私は単純に意気込みすぎていて長続きしなかっただけだったと思います。私が一番強調したいことは、とにかく続けるためにダラダラと続けることです。もし、やろうと思っている日課をサボりたかったらその日はサボってよいです。次の日にその分を取り戻そうと思わなくても良いです。ただ2日、3日と何もやらない日を作るのは避けましょう。私のおすすめとしては例えばトレーニングなら1日のメニューの量、時間を半分以下やもっと少なくしたとしても何となくほぼ毎日ゆるーく続けていれば1ヶ月も経てば、勝手に身体がやるようになります。最初から意気込んだり、余裕があるからちょっと多めにという考えは習慣として身についていない時は禁物です。逆に言えば、習慣化してしまえば、そこからは量、質共に増やして充実したトレーニングができるようになり自ずと痩せていきます。習慣化こそがダイエットの近道です。

0

ダイエットが良いのは個人の体を変化させるため

痩せる手段で特に人気が高いものは直に発見できる良さがあります。
今は道具を使わないで個人の力でやるダイエットが流行しています。
そういったタイプだと継続してやれることが重要になります。
実際のデータでも継続できる人間は体重なども変化しやすいのです。

ダイエットの良さは人間の体の負担を軽くするためです。
特に多くの負担がかかる身体は健康的に良くない状態です。
ダイエットでその体を変化させられるならそれがメリットになります。
具体的な方法を見つけることで実際に痩せる計画が立てられます。

日本人は美容の中でダイエットに関心が特に高いデータがあります。
それは今の時代を上手く反映しているので話題にもなっています。
実際に痩せることがテレビやインターネットで取り上げられているので手軽に分かります。
ユーザーはダイエットの方法を見つけてそこに挑戦する機会があります。

多くのユーザーがダイエットをする背景には健康の影響があります。
手軽に痩せられるなら体は軽くなって将来的にも安全です。
更には体調を管理する場合もダイエットの結果が響いていきます。
つまりは痩せられる体が人間の将来の基礎になるのです。

体の変化は体重などの具体的な数字で分かるような時代です。
今は簡単に体重が分かるのでそこを気にする人が増えています。
それらの背景があってダイエットの発展に繋がっています。
このダイエットの目的はより便利で楽な体を追求することにあります。
そして日本人はダイエットが体に与える多くの影響も理解しています。

0

効果的にダイエットを行うために大切なこと

ダイエットをしたい、もしくはダイエット中だという人は多いでしょう。
しかしだた闇雲に食事制限をしたり過度な運動をいきなり始めても意味がない場合があります。
痩せるために重要なのは脂肪燃焼です。
その脂肪を燃焼させるためには基礎代謝が正常でなければいけないのですが、元々運動をしない人や冷え性などの人は基礎代謝が低いことがほとんどです。
そんな人がいきなりダイエットを始めてもあまり痩せないという結果になることもよくあります。
ですのでダイエットを行うためには基礎代謝を上げる必要があり、これにより効果的に痩せるかどうかが決まるのです。
基礎代謝を上げる方法として一番簡単でシンプルなのが水を飲むという方法です。
水を飲むことで身体は一時的に冷えてしまいます。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TIG93_buranketnikurumarerujyosei-thumb-autox1000-16686
身体が冷えると体温を元に戻そうと代謝が活発になるので基礎代謝も自然と上がります。
また水は基本的に多く飲んでも身体に害が出ることはありませんので、小まめに飲むことで基礎代謝を上げることが出来て痩せやすい身体になるのです。
さらに水ではなく白湯を飲むことでも基礎代謝を上げることは出来ます。
特に入浴前に白湯を10分ほど時間をかけて飲むことで入浴時により血行が良くなり代謝も高めてくれます。
この際に入浴はシャワーで済ませるのではなく半身浴をするとさらに効果的です。
世の中には様々なダイエット方法がありますが、それをする前にまずは自身の基礎代謝を上げることを心がけるとより効果が出やすくなるでしょう。

1 2