0

ダイエットに関して

私が以前に行ったダイエット方法になります。いろんなことを同時に行いましたので、何が一番効果があったかは解りませんが、記述したいと思います。
実際90キロぐらいあったのが、70キロぐらいまで落とすのに成功したので、それなりに効果はあったのかと思います。
まず一つ目に行ったのが、食事の時間を変更したことです。特に夕飯です。いつも夕飯を8時~9時ぐらいに食べていたのですが、毎日7時までに食べるようにして、それ以降はなるべく食べないようにしました。そして11時ぐらいには寝るようにして、早起きをする。そうすることで空腹を回避できるのでなるべく早い時間に寝るのをこころがけました。朝食べる分には全く問題ないと思います。実際朝からがっつり食べてました。
次にそれと同時に行っていたのが、食事後のウォーキングです。息子がいたので、夕食後一緒に近所を歩いていました。実際歩いていた時間はおおよそ15分~30分ぐらいだったと思います。脂肪が燃焼されるのにこれぐらいの時間がちょうど良いと聞いて歩いてました。逆に30分以上歩いてもあまり効果がないとも聞きましたので、それ以上は歩いてないです。
あと、食事中に気を付けていたのが、おかずを食べる順番です。一番最初に野菜をたべて、次におかず、最後に味噌汁とごはんという順番で食事中は気を使っていましたが、実際気を付けていたのはほとんど夕飯ぐらいでした。ただ、知人で、糖尿の人がいて、この食事の食べ方を実践していたら血糖値が下がったという人がいたぐらいなので、この食べ方はかなり効果が期待できるのではないかと思われます。
自分はこの三つの方法で、期間は役半年ぐらいは続けていたと思います。特に一番上の食事の時間に関しては一番気を付けていました。早ければ6時ぐらいに夕飯を食べて、そこからは飲み物以外は口にしないようにしました。夜は帰ったら寝るだけなんで、余分なカロリーを摂取しないようにと思い一番きをつけました。

0

ダイエットにはお鍋が最適

ダイエット向きの食事方法は色々ありますが、その中でもお勧めなのがお鍋、主に湯豆腐です。

お勧めの理由としては主に3点、まず一つ目はアツアツなので食事時間が長くなることです。
ダイエットの大敵となるのが早食いです。
食事量を制限をしてしまうと、食べる時間も短くなってしまい、食事を終えても満腹感を得られないなんてことが良くあります。
お鍋の場合、アツアツなのでどうしても食べるのに時間がかかってしまい、その結果食事中に満腹中枢が働き、食った気がする、満腹感が得られるわけです。
そしてお鍋の良いところは作るのと後片付けがとても楽なのもいいところです。

次の理由としては調味料です。
湯豆腐だと昆布を入れてお湯を沸かすだけです。そこに具材を入れて煮込んでから食べるわけですが、大体はポン酢とかじゃないでしょうか?
例えば普通の調味料の場合、食材にたっぷり載せないと味がしないことが多く、調味料で結構なカロリーをとってしまいます。
エビフライにマヨネーズをつけた時のことを想像してくれるとわかりやすいんじゃないでしょうか?
その点ポン酢だとその心配はありません。大体100mlで50~60kcal程度です。こういわれてもピンとこない人もいると思いますが、大体お鍋一回分だと50mlも小皿に入れれば十分、つまり30kcal以下です。
しかも小皿に注いだポン酢を全部飲みきれば30kclaになりますが、大体ポン酢って余りますよね?そういうのも計算すると20lcal程度、調味料で20kcalしか摂らないというのはとてもダイエット向きだと言えます。

そして食材を選べば超低カロリー、しかも脂肪燃焼効果のある食材を美味しくたべれる点になります。
工夫するのがまず肉類です。たんぱく質が欲しいのであれば鶏肉のササミや、魚の切り身といった低カロリーなものを選んだり、より低カロリーで済ませたい人には豆腐です。
次にキノコ類を沢山いれることです。
キノコにはキノコキトサンというキノコ独自の脂肪分解成分が入ってるので、ダイエットにはとても効果的です。
エノキダケはエノキタケリノール酸というエノキダケ独自の脂肪分解成分も入っており、ダイエット向け食材としては最強です。
食物繊維の塊でもあるので、便秘対策にも有効という優れもの、そして気になるカロリーはほぼノンカロリーと言っていいぐらいで、キノコに比べると野菜は高カロリーな食べ物と感じてしまうほどです。
お野菜を食べる場合は、基本的にサッと湯通しをしたら食べるぐらいが良いです。
というのも野菜は煮込む時間が長いと、栄養分はドンドン減っていきます。
例えばほうれん草というと栄養豊富で有名ですが、5分も煮込めば8割以上の栄養が失われてしまうほどです。理想はシャブシャブのようにサッと食べることです。

お鍋はこのようにダイエット効果がとても期待できるので、大変お勧めです。

0

ダイエットの近道なんて本当にあるのですか?

中年男性の私が半年で6キロ痩せたダイエットのコツをお教えします。そのコツとはズバリ、習慣化することです。ダイエット法は巷にいくらでもありますが、どの方法もある意味では効果があり、ある意味では効果がありません。もちろん優れたダイエット法というのは存在すると思いますが、めちゃくちゃ効果があるといったものがあればもう皆スリムになっているはずです。私はどんなダイエット法でも単純に続けることができるかどうかだと思っています。例えば、私はダイエットのために軽い運動を自分に課しましたが、実は何度も挫折を繰り返しておりました。今振り返ると、当時の私は単純に意気込みすぎていて長続きしなかっただけだったと思います。私が一番強調したいことは、とにかく続けるためにダラダラと続けることです。もし、やろうと思っている日課をサボりたかったらその日はサボってよいです。次の日にその分を取り戻そうと思わなくても良いです。ただ2日、3日と何もやらない日を作るのは避けましょう。私のおすすめとしては例えばトレーニングなら1日のメニューの量、時間を半分以下やもっと少なくしたとしても何となくほぼ毎日ゆるーく続けていれば1ヶ月も経てば、勝手に身体がやるようになります。最初から意気込んだり、余裕があるからちょっと多めにという考えは習慣として身についていない時は禁物です。逆に言えば、習慣化してしまえば、そこからは量、質共に増やして充実したトレーニングができるようになり自ずと痩せていきます。習慣化こそがダイエットの近道です。